よくある質問(FAQ)

ココットやレストア向け洗浄についてよくいただく質問とその回答をご紹介します。

処理について

  • メディブライト処理の特長はなんですか?
    メディブライト処理は水(液体)、微粒子(固体)、圧縮エア(気体)の3要素を使用し、処理対象物に付着した汚れを前処理無しで洗浄する技術です。水を使用することで粉じんが発生しない、静電気や熱の発生を抑えることができる、洗浄と同時に光沢面を対象物に創り出すことができる、処理対象物の材質や汚れの種類を問わないなど、様々な特長があります。
  • 乾式のブラストとメディブライト処理の違いはなんですか?
    水を使ったメディブライト処理は処理後の表面が半光沢になり、従来の乾式ブラストによるぎらついた梨地面とはまったく異なります。また、油のついた部品もそのまま 装置に入れて処理できるため、脱脂やサビ取り、塗装浮かしなどの前処理が必要ありません。さらに、乾式に比べ処理後の粒子の食い込み残留がほとんどありません。
  • 普通のウェットブラストとメディブライト処理の違いはなんですか?
    メディブライト処理は、他のウェットブラストと比べ超微細な粒子を使用することでさらにきめ細やかな半光沢表面質感を作り出すことが可能です。
  • バイク・自動車部品への処理について
    加工面を熱で変化させることなく、脱脂・洗浄や、サビ落とし、塗装剥離、 美装加工ができます。粒子を噴射する“遊離砥粒加工”のため、複雑な形状のものにも対応できます。また、微小粒子は表面をほとんど傷つけずに、油やカーボンなどの汚れを落とすことができるため、吸気ポートの内部の洗浄や、ホイールの塗装を剥離せずに汚れだけを落とすことも可能です。詳しくはこちらの処理事例をご覧下さい。
  • 処理時間はどのくらいかかるの?
    汚れの度合いや求める品質、処理物の大きさ、圧縮エアの圧力で処理時間が変わります。詳しくは処理の事例集をご覧ください。
  • 粒子は何を使うの?
    乾式で使われている研磨材よりも細かいガラスビーズ、ジルコニアビーズなどの微小球形粒子を使用します。表面を傷つけずに洗浄のみをおこなう場合はガラスビーズを使用し、塗装膜などの剥離をおこなう場合はジルコニアビーズを使用します。もちろん、一般的に使われているサイズのガラスビーズなども使用できます。ただし、水に浮いてしまうものや溶けてしまうもの 、水と混ぜることで泡立つものは使えません。
  • どのくらいのサイズまで処理できますか?
    処理範囲はΦ600mm×高さ250mm程度です。目安として15インチのタイヤ付ホイールを丸ごと入れて処理できます。
  • ブラスト投射でケガをすることはないの?
    投射の圧力は0.1~0.4MPa(約1~4kg/cm2)程度のため、投射中に手が切れるなどのケガをすることはありません。
  • 受託加工はやっていますか?
    申し訳ございませんが、弊社では受託加工はお受けしておりません。
    弊社装置でタイムレンタルサービスを行っているお客様をこちらのリンク集のページでご紹介しております。

装置について

  • ウェットブラスト装置は高いのでは?
    ウェットブラスト技術の専門メーカー「マコー」が、今までのノウハウを活かし大幅にコストダウンいたしました。マコーのウェットブラスト装置は処理品質の高いメディブライト処理が行なえ、かつ従来より低価格な装置です。
  • 粒子がもれて周りに飛び散らないの?
    メディブライト処理は、水の中に粒子が混ざり合い、かつ密閉された室内で処理を行なうため、粒子が装置の外に飛び散ることはありません。そのため作業環境をクリーンに保つことができます。
  • どのくらい連続で使用が可能ですか?
    ノズルから投射された液は一度タンクに溜まり、それをポンプで吸い上げて循環させて使用します。これにより、メディブライト処理は長時間連続して作業することが可能です。
  • 粒子はどのくらいの量つかうの?
    粒子の初期投入量は、ココットの場合、ガラスビーズで約3kg、ジルコニアビーズで約4kg必要です。初期投入時には、粒子の濃度が10%~15%になるように調整します。メディブライト処理を有効に利用するためには、液のサンプリングなどタンク内の粒子の定期的な濃度管理が必要です。
  • 粒子はいつ交換するの?
    光沢処理をするためのガラスビーズ粒子を毎日使い続けると、粒子自体が割れてしまい処理面に光沢がなくなってきます。この場合には粒子を交換します。処理条件にもよりますが、通常ガラスビーズは5~10時間程度連続して使用することができます。さらにジルコニアビーズは、セラミックス系で粒子自体が硬いため、ガラスビーズの約10倍の耐久寿命をもっています。常時、粒子の濃度管理をきちんと行い、定期的に粒子を交換し処理に最適な状態にスラリーを保つことをお勧めします。
  • 導入には何が必要ですか?
    通常は、研磨材、水(水道水で可)、圧縮エアを発生させるコンプレッサー、電源が必要です。
    研磨材ガラス・ジルコニアビーズ
    コンプレッサー5.5kw相当
    電源200V 3相
    稼動させるための一時側ユーティリティについては、「導入に必要なもの」をご覧下さい。
  • 広い面積をムラ無く処理するにはどうしたらいいの?
    同じ部分を集中して処理すると、1点だけ処理の強い部分が現れて処理ムラが起こってしまいます。そのため、ガンを細かく左右に動かし全体的に処理をおこなっていくことで、ある程度の処理ムラは防げます。また、時間は少しかかりますが、G-0053(0.053mm以下)やG-0090(0.09~0.053mm)などのガラスビーズの細かい粒子を使い、 エア圧力を下げて処理をおこなうとさらに処理ムラは減少します。オプション品として広い範囲を処理できる1/2インチ広角ノズルを用意しております。
  • 装置の保証はあるの?
    ココットには「お買い上げより半年間、又は200時間のうちのどちらか早いほう」という保証期間を設定しています。
  • 故障した場合はどうしたらいいの?
    異常に気付いた場合は、まず装置に添付されているメンテナンスマニュアルをごらんいただき対応願います。マニュアルに記載の範囲外での異常に関しては、ご使用を中止して速やかにメーカーまでご連絡ください。
  • 装置の実物が見れますか?
    新潟県長岡市にある弊社にショールームを設けており、そちらで装置をご覧いただけます。
    サンプルをお持ち込みいただければメディブライト処理をその場で試すことも可能です。

取引について

  • 見積もり・購入はどこからできますか?
    ココットは製造元であるマコー株式会社から直販しております。 まずは、お電話やメールなどでお問い合わせ下さい。
  • 個人でも購入できますか?
    はい、ココットは個人のお客さまにもご購入いただけます。
  • 海外への輸出はできますか?
    申し訳ございませんが、弊社の装置は海外への輸出には対応しておりません。
  • 納期はどのぐらいかかりますか?
    在庫があれば通常1週間程度、在庫がない場合はおおよそ8週間程度いただいております。
    正確な納期は、お見積もりと合わせて回答いたしております。
  • リースやクレジットはできますか?
    大変申し訳ございませんが、リースやクレジットなどは取り扱っておりません.
    現金でのお支払いをお願い申し上げます。