ウェットブラスト処理事例

マフラー表面のサビ除去

表面のめっきが剥離しないようにするため、小さなガラスビーズを使い、低圧でサビのみを除去します。サビは表面にうっすらついているだけなので、簡単に除去できましたが、サイズが大きいため、分割して処理をおこないました。処理圧を上げて強く処理をおこなうと、めっきが梨地になってしまうので、注意を要します。※焼けの変色部分は、この処理では除去できないため、圧力を上げるか、研磨材をより強力なものに変える必要があります。

処理データ

処理目的洗浄、サビ取り
研磨材G-0090
エア圧0.2MPa
処理時間3min