ウェットブラスト処理事例

ピストンのカーボン除去

ピストン上部についたカーボンの除去を行いました。表面を傷つけないようガラスビーズを使用しました。寸法精度を変化させず、隙間の汚れも除去するためにピストンリングは外してあります。表面を削らないガラスビーズでの処理にもかかわらず、ブラスト後の表面に凹凸があるため上面にはすでに腐食が進行していたと思われます。

処理データ

処理目的洗浄
研磨材G-0053
エア圧0.3MPa
処理時間5min