ココット トラブルシューティング

ココットの不調や故障など、お困りごとの原因と修理・調整などの方法をご案内します。

ココットで起こる多くの不調は、除去された汚れや研磨材による配管やフィルターのつまりが原因です。まずは研磨材を抜いて水のみで運転し、配管のクリーニング正常に起動できるかの確認をお願いいたします。
解決できなければ、以下の対策を実施していただき、それでも解決しなければメーカーまでお問い合わせください

現象 1) ブラスト投射ができない

現象 2) 研磨材がでない/でにくい

  • 原因 1)スラリーホースがつまっている

    ブラストガンに水と研磨材を送るスラリーホースがつまっています。ホース内のつまりを除去してください。

  • 原因 2)ブラストガンがつまっている

    ブラストガンの内部にゴミなどがつまっています。ガンキャップとノズルを外し、つまりを除去してください。

  • 原因 3)バイパス配管がつまっている

    ブラストタンク内のバイパス配管、根元のオリフィスがゴミなどでつまることにより投射ができません。バイパス配管、およびオリフィスをパイプレンチなどで外し、つまりを除去してください。

  • 原因 4)エアがみをおこしている

    タンク内の水が少なすぎるため、ポンプ内にエアだまりができてポンプが正常に水を圧送できていません。規定水位まで給水してください。

  • 原因 5)スラリーホースが外れている

    ブラストガンに水と研磨材を送るスラリーホースが外れています。スラリーホースを付け直してください。

  • 原因 6)配管、またはホースが損傷している

    損傷個所を交換してください。

現象 3) 処理に時間がかかる

  • 原因 1)研磨材が磨耗している

    研磨材は使っていくと磨耗していきます。ワーク材質や処理エア圧によっても変わりますが、一定以上使ったら研磨材を交換してください。

  • 原因 2)研磨材濃度が低い

    研磨材を適正量にしてください。(適正濃度は約10~15%:ガラスビーズは約3kg、ジルコニアビーズは約4kg)※計測方法は、装置に付属の取扱説明書をご覧ください。

  • 原因 3)バイパス配管がつまっている

    ブラストタンク内のバイパス配管、根元のオリフィスがゴミなどでつまることにより投射ができません。バイパス配管、およびオリフィスをパイプレンチなどで外し、つまりを除去してください。

  • 原因 4)ノズルが磨耗している

    ノズルの穴径が摩耗で広がりすぎると、投射に勢いがなくなり処理速度が遅くなります。ノズルを交換してください。

  • 原因 5)ポンプ吸い込み口がつまっている

    ポンプ吸い込み口のフィルターを外し、網の外側および内側にはりついたゴミを取り除いてください。

  • 原因 6)研磨材を入れすぎている

    規定量以上の研磨材をブラストタンク内に投入すると、ポンプ内部の羽根(インペラー)が回らず、動作不良が発生し、ブラスト投射ができなくなる場合があります。研磨材を適正量にしてください。

  • 原因 7)ブラストガンの配管の取り付け位置が間違っている

    ブラストガンに取り付けられたスラリーとエアのホースの位置が逆だと、処理が弱くなる場合があります。正しく取り付けてください。

現象 4) エアがでない/調整できない

  • 原因 1)エア機器の故障

    エア回路中にあるエアフィルター、ソレノイドバルブ、レギュレータ、ボールバルブが腐食などにより破損しています。各機器の動作をご確認いただき、メーカーにご連絡ください。

  • 原因 2)圧力設定が不適正

    適正な圧力(0.2~0.4MPa)に設定してください。

  • 原因 3)エアホースが外れている

    ブラストガンにエアを送るスラリーホースが外れています。エアホースを付け直してください。

  • 原因 4)エア供給口のバルブが閉じている

    エア供給口のバルブが全開になっているかご確認ください。

  • 原因 5)コンプレッサーが稼動していない

    コンプレッサーの起動をご確認ください。

  • 原因 6)コンプレッサーの能力が足りない

    コンプレッサーのエア圧力や供給量が足りていません。5.5kw以上のコンプレッサーを使用し、エア圧力:0.5MPa~0.9MPa、消費量:700L/分以上になるようにコンプレッサーを増設してください。

  • 原因 7)供給配管の破損

    コンプレッサーから装置供給までの途中でエア漏れなどがあります。エア配管をご確認ください。

現象 5) 水と研磨材が漏れる

  • 原因 1)排気口がつまっている

    研磨材や汚れなどが排気口がつまっているとキャビネット内の気圧が上がりすぎるため漏れが発生します。室内水洗シャワーなどを使って、つまりを除去してください。

  • 原因 2)パッキンが破損している

    メーカーにご連絡ください。

  • 原因 3)排風機が故障している

    メーカーにご連絡ください。

  • 原因 4)水を入れ過ぎている

    規定量以上の水をタンク内に入れるとオーバーフローからあふれるようになっています。水受けを設置してください。

現象 6) 排風機の不調

  • 原因 1)排風機に研磨材が付着している

    排風機に研磨材が付着すると振動や過負荷を起こします。排風機を分解しファンを清掃してください。

  • 原因 2)単相電源が接続されている

    200V3相電源ではなく、200V単相電源を接続した場合、ブラストポンプ、ワイパー、室内照明は稼動しますが、排風機は稼動しません。装置の電源R,S,Tに3相電源を正しく接続してください。※電源プラグなどを使用して装置を接続する場合には、特にご注意ください。

  • 原因 3)排風機が故障している

    メーカーにご連絡ください。

現象 7) 照明がつかない

  • 原因 1)照明の寿命が来ている

    照明を交換してください。

  • 原因 2)回路保護ブレーカの電源が落ちている

    制御盤を開け、サーキットプロテクタのCP1、CP2の各ブレーカのスイッチをONにする。

  • 原因 3)メインブレーカの電源が落ちている

    メインブレーカのスイッチをONにする。

現象 8) ワイパーが動かない

  • 原因 1)ワイパーモーターが故障している

    他の機器が正常に動作する場合は、モーターの故障が考えられます。メーカーにご連絡ください。

  • 原因 2)回路保護ブレーカの電源が落ちている

    制御盤を開け、サーキットプロテクタのCP1、CP2の各ブレーカのスイッチをONにする。

  • 原因 3)メインブレーカの電源が落ちている

    メインブレーカのスイッチをONにする。