お問い合わせ

トピックス | English

マコーの人材育成

当社では、「人材」を重要な経営資源として認識しており、お客様に対し高付加価値の製品・サービスを提供するため様々な人材育成活動を行っております。 「磨創人プログラム」と名付けられた教育プログラムの実施をはじめ、社員には行動基準を定めたクレド(信条)を配布して社員として望む考え方や行動の教育も行っております。

また、社員には受動的ではなく自らの努力によりスキルを身につけていくことを求めています。何事も主体性を持って行動する人材を育てることが会社の育成方針です。 3~6ヵ月間の新人研修はもとより、その人の本来の特性を見極めるため、様々な業務を経験させるプログラムを実施しております。最終的に10年かけて、ウェットブラストのプロフェッショナルを育てていきます。

磨創人

マコーには「磨創人」という言葉があります。この言葉は「表面を磨き創る人」という意味のほかに「人を磨き、人を創る」という意味も併せ持っています。

当社では、この「磨創人」というコンセプトのもと、様々な教育プログラムを実施し、人材育成に努めています。

写真の「磨創人」の書は新潟県十日町市出身の書芸家、平野壮弦先生に揮毫頂いたもので、たたみ6畳分に匹敵する圧巻の大きさです。 当社にいらっしゃる際にはぜひご覧ください。

ひといろびと

「ひといろびと」は、新潟県長岡市にある長岡造形大学の長瀬公彦先生に描いていただいたものです。 「マコーは多種多様で個性的な人々が集まり、それぞれの『ひといろ』を発揮しながら、そして刺激し合い、 絶妙なバランスによって構成された会社である」というイメージを持たれ、それを表現していただきました。

当社では、この「ひといろびと」のコンセプトのもと、従業員の個性を重視しつつも、互いに協力し助け合う組織づくりを目指しています。

クレド(信条)

クレド(信条)にはマコーの社員として望む考え方や行動を示しており、全部で20項目から構成されています。 社員一人一人がクレドに記載された項目を理解し実践しています。

全社員が常に携帯しており、内容が分からなくなったら取り出していつでも確認することができます。

>> クレドの紹介ページ