お問い合わせ

トピックス | English | 简体中文

グラスビードピーニング装置
BPM-120A


装置外観

概要

航空機エンジン部品のピーニングを行う自動表面処理装置。 トロリーによりワークをブラスト室内へ移動させ、ターンテーブルにより全面処理をおこなう。

特長

  • トロリー式回転テーブルによる、大物ワークの処理室内への引き込みと排出が可能
  • 6軸ロボットアームによるティーチングが可能
  • テーブル回転によりワークの自動処理が可能

装置仕様

寸法3750(W)×2200(D)×3750(H)mm
(装置本体)
処理サイズφ900×H600mm以下
基本重量 100kg以下
ガン3/8インチフレアノズル ピーニングガン1本
電源AC200V, 50/60Hz, 3相
消費電力約9kW(全機器、定格電力の和)
エア供給圧力0.6MPa以上、0.8MPa以下
エア消費量3.0m3/min (NTP,ブラストエア圧力0.45MPa時)
装置構成天井シャワー、ロボットによるティーチング駆動、トロリー式回転テーブル
オプション 

関連アプリケーション