これまでのサポート材除去方法


手作業

ヘラやブラシなどの道具を使ってサポート材を取り除きます。 幅広い形状に対応しますが奥まった部位の除去が困難です。

手作業によるモデル仕上げの課題


高圧水洗浄(ウォータージェット)

圧力をかけた水を勢い良く吹き付けサポート材を洗い流します。 モデルの最表面に残る樹脂を完全には除去できません。

高圧水洗浄によるモデル仕上げの課題

仕上げ方法の比較

手作業高圧水洗浄
(ウォータージェット)
ウェットブラスト
仕上がり
粗取りの効率
導入のしやすさ
繊細部分の壊れにくさ
水の消費量

手作業によるモデル仕上げの課題

  • 手作業のため処理に時間がかかる
  • 細部や入り組んだ形状のサポート材が取りきれない
  • ブラシやスポンジなどで力をかけすぎてモデルが損傷する
  • 処理にムラができる
  • 細かい作業になりがちで負担が大きい

高圧水洗浄(ウォータージェット)によるモデル仕上げの課題

  • 高圧力なためモデルを持つ手を痛める
  • モデルの繊細な部分が損傷する
  • 表面のぬめりが取りきれない
  • 水を大量に消費する
  • 配管工事の必要があるため、装置導入が大変
ウェットブラストなら、細部まで壊れる心配も少なく、最表面のサポート材を除去。
ウェットブラストの特長を見る。