インターネプコンジャパン、自動車部品&加工EXPOに出展いたしました


マコー株式会社は、2020年1月15日(水)~1月17日(金)に、東京ビッグサイトにて開催されました「第34回インターネプコン ジャパン」、および、同時開催されました「第6回自動車部品&加工EXPO」に出展し、多くのお客様にお立ち寄りいただきました。 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。


各ブースメイン展示サンプルと解説

インターネプコンジャパンブース

「ウェットブラストによるめっき・薄膜の密着性向上技術」をテーマに、CFRPをはじめ多彩な具体例をサンプルとパネルでご紹介させていただきました。写真は「PPSへの電磁波シールドめっきサンプル」で、左から「前処理なしでめっきを施工」「#2000によるウェットブラスト後にめっきを施工」「#4000によるウェットブラスト後にめっきを施工」したサンプルです。「前処理なし」では密着力が低く既にめっきが浮いているのに対し、「ウェットブラスト後にめっきを施工」したサンプルでは目視でもわかるようにしっかりとめっきが密着していることがご確認いただけます。母材の表面粗さを変化させることなく、めっき施工後の最表面の粗さも変化がないため、この数値からも電磁波シールドめっきの前洗浄としてウェットブラスト処理が有効であることがご理解いただけたと思います。

サンプル1

自動車部品&加工EXPOブース

安定した高品質生産を可能とする、「ウェットブラストによるボールねじ・ナット酸化膜除去&研磨」をテーマに、導入事例として小木曽工業株式会社様よりご協力をいただき、詳細なデータと実サンプルを展示・解説させていただきました。写真サンプルは下より「未処理」、ウェットブラスト処理品が2種類となっております。バフやブラシでの処理は酸化膜の除去こそ可能ですが、形状変化や発熱がありワークへのダメージは避けられません。また、バフやブラシの消耗により細かい管理が必要となります。しかしウェットブラストでの処理では細かい管理が必要なく、安定した品質での生産が可能となります。新たに研磨材を変えたプロセスにより、初期値に対して表面粗さ1/3を達成。粗さばらつきと作動音の著しい低減を可能とし、高い品質を実現することをご説明させていただきました。

サンプル2

ご紹介させていただきましたウェットブラスト技術、また、装置についてご不明な点や質問等ございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

マコー株式会社 営業部
TEL:0258-47-1729 FAX:0258-21-4124

お問い合わせフォーム
内容に関するお問い合わせは、上記までご連絡ください。

展示会場の様子

展示会当日の様子1
展示会当日の様子2
展示会当日の様子3


関連記事