粒度分布-表面粗さ

表面粗さをつくる主な要因

a)粒度分布
b)投射速度(エア圧力)

c)比重
d)硬さ
e)粒子濃度
f)被加工面の状態

}
この2つの影響がもっとも大きい

※特に、粒度分布における最大径が含まれる割合が、表面粗さを決定している。

Rz=1μm Rz=3μm
Rz=1μmの表面粗さ Rz=3μmの表面粗さ(a)
※緻密な表面に大きな打痕があった場合、計測上その大きな打痕が表面粗さとして計測される。Rz=3μmの表面粗さ(b) 

粒度分布と粗さの関係

「平均径×2」~「最大径」までの範囲の粒子が、表面粗さを決定する。

赤い部分の割合が0になった時、表面粗さは著しく低下していく

●粒度分布と表面粗さについてのキーワード
安定した処理を行うためには
1)スラリー配管への適正なラインフィルターの使用
2)外部からの大粒子や異物の混入への注意
3)適正な粒度を維持するための新規粒子の投入

をおこなう必要がある。


研磨材・スラッジについて