1. HOME
  2. 用途例
  3. 透明度を保ちつつ表面を粗化するガラス・レンズ粗化処理とは

透明度を保ちつつ表面を粗化するガラス・レンズ粗化処理とは

加工内容

  • 荒らす
ウェットブラストによるガラス表面粗化

ガラス・レンズの表面粗化とは

均一性の高い幅広ガンと数ミクロンの研磨材を使用した粗化を行うことで、ガラス表面にランダムでナノレベルの微細な凹凸を形成し、反射率や透過率のコントロール、濡れ性・密着性の向上、摺動抵抗低減などの効果を付与します。 ウェットブラストによる微細な粗化表面は、粗さと透過性を両立することが可能で、従来のブラストやフッ酸によるエッチングなどの薬品処理とは異なる表面を形成します。

処理の主な用途

  • 液晶ディスプレイなどの反射を防止する防眩処理(AG:アンチグレア)の前処理
  • コーティング・薄膜の接着前処理

処理のポイント

1. 微細な凹凸

微細な凹凸被処理面の粗さは研磨材粒子のサイズやエア圧力のコントロールによって決まります。使用する粒子が細かいため微細な凹凸を表面に付与できます。条件によっては透明度を維持しながら凹凸を形成することが可能です。

2. 全面均一・高速処理

全面均一

高速処理
一般的なショットブラストに比べ、1/10~1/100程度の研磨材が使用できることで表面粗さを抑えることができ、ガラス表面にクラックなどのダメージを与えずカバレージの高い全面均一で高速な処理が可能です。

処理例

※横にスクロールしてご覧ください。

使用研磨材 中心粒径(μm) 表面粗さ(μm) 写真 SEM 鳥瞰図
未処理 - Ra=0.023
RzJIS=0.038
未処理写真 未処理SEM 未処理鳥瞰図
アルミナ#4000 3.0 Ra=0.025
RzJIS=0.169
アルミナ#4000写真 アルミナ#4000SEM アルミナ#4000鳥瞰図
アルミナ#2000 6.7 Ra=0.103
RzJIS=0.574
アルミナ#2000写真 アルミナ#2000SEM アルミナ#2000鳥瞰図
アルミナ#800 14 Ra=0.591
RzJIS=1.301
アルミナ#800写真 アルミナ#800SEM アルミナ#800鳥瞰図
アルミナ#320 40 Ra=1.071
RzJIS=3.851
アルミナ#320写真 アルミナ#320SEM アルミナ#320鳥瞰図

粗化後の透過率と反射率

微細研磨材を使用したウェットブラストは、表面に緻密な凹凸を形成することができ、透過率を維持しながら、反射率を低減させたり、濡れ性向上のための粗化が可能です。
粗化後の透過率と反射率

粗化の効果:濡れ性・保持性の向上

物理加工による微細な凹凸が表面の濡れ性、液保持性を向上させます。
ウェットブラストによって表面に形成された微細な凹凸(ピン)が、広がった液滴の収縮や拡張を抑え液体をその場に保持します。 これを「ピンニング」と呼びます。
粗化の効果:濡れ性・保持性の向上

関連ページ

ウェットブラストに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)