1. HOME
  2. 用途例
  3. 複雑形状品の研磨・バリ取り

複雑形状品の研磨・バリ取り

加工内容

  • 取る
ホブカッター

ホブカッターなどの形状が複雑で面積が大きい工具に対して、溝の奥や手の届きにくいスキマの中まで、均一に研磨できます。

処理のポイント

  • 手や研磨器具の届きにくい溝の奥や隙間まできれいに研磨できます。
  • 大量の粒子が表面を研磨するため、短時間で研磨が可能です。
  • 研磨と同時に表面の洗浄が可能で、コーティング前処理としてもご利用頂けます。
  • 磨き工程の完全自動化が可能です。

従来工法の問題点

  • ポリッシュ研削機などによるポリッシングでは、研磨しづらい箇所がある。
  • 研磨工程の自動化が難しい。

処理前後比較

処理前後比較

※まわりをマスキングして一つの刃のみを処理したサンプルです。 刃の谷部まで処理されていることが確認できます。

表面拡大画像

表面拡大画像

表面粗さ(表面粗度)

表面粗さ(表面粗度)図
表面粗さ(表面粗度)値

関連ページ

ウェットブラストに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)