1. HOME
  2. 用途例
  3. 分厚い黒皮(酸化スケール)を除去し、なめらかな棒鋼表面に

分厚い黒皮(酸化スケール)を除去し、なめらかな棒鋼表面に

加工内容

  • 取る
  • 削る

ウェットブラストによる「棒鋼の酸化スケール除去」処理とは

焼鈍などの熱処理で発生した棒鋼材の酸化スケール(酸化被膜、黒皮)を研削性研磨材で削り取る処理です。
冷間引抜の前処理や表面の仕上げといった工程にお使いいただけます。

デスケール
デスケール

ウェットブラスト 3つの特長

  • 小径SUSグリットによる加工 水の搬送効果により、微細な研磨材を使用した緻密な処理が可能。
  • 脱脂・スケール除去を同時に実現 研削性研磨材が汚れごと表層を削り取るため、前脱脂は不要です。また、水が油の再転写を防ぎます。
  • 作業環境改善 湿式のため粉じんが発生しない。

ウェットブラスト 処理イメージ

ウェットブラストとは、水と研磨材の混合液を圧縮エアで高速に噴射し、表面を洗浄・加工・改質する技術です。湿式処理のため微細な研磨材を使える特長があり、汚れや異物とともにワーク表面を削りながら微細凹凸を形成することを得意としています。

「ウェットブラストとは?」も合わせてご覧ください

ウェットブラストとは

従来工法との比較

「ショットブラスト」との比較
  ショットブラスト ウェットブラスト
方式 スチールボールをインペラの回転で投射 ⼩径グリット研削性研磨材と水の混合液を圧縮エアで噴射
品質 スケール埋め込み残渣がある 埋め込み残差なし →研削性研磨材で酸化スケールを削り取る
打痕が大きく、仕上げ加工必要
  • 引抜後の表面粗さ低減
  • 加工性の向上 →緻密な粗化表面による潤滑剤保持性の向上と残留応力の低減
コスト 広範囲に投射するため消耗部品が多い ワークへの狙い撃ちにより消耗箇所が限定的 →維持費1/2削減
環境 粉じん(火災、作業環境悪化)によるリスクがある 湿式工法のため粉じん対策が不要
「酸洗(ケミカル処理)」との比較
  酸洗(ケミカル処理) ウェットブラスト
品質 ワーク同士の接触部に処理ムラが発生
  • 処理ムラ無し →ローラ搬送しながら1本ずつ処理
  • 引抜までインライン化も可能
コスト 合金材のスケール除去のためのエッチングに時間を要する 研削性研磨材で酸化スケールを削り取るため、材質によらない処理が可能
環境 中和スラッジ発生 スラッジ1/20以下 →酸・アルカリ不使用
重厚長大な薬液層が必要なため新設困難 ライン新設が容易 →省スペース、各種届出不要

従来のスケール除去工程における課題

焼鈍材/合金鋼のスケール除去が困難
メカニカルデスケール 酸洗(ケミカル処理) 
ショットブラスト ピーリング
  • ワーク同士の接触部に処理ムラが発生
  • エネルギーコストが膨大
  • 処理に膨大な時間を要するため、大量の在庫確保が必要
    • スケール残り発生のため仕上げ前に使えない
    • スケールを棒材表面に埋め込んでしまう
    • 芯ブレにより、均一加工できない
    • 取り代が大きい

ウェットブラストを適用した工程例

ウェットブラストを適用した工程例

三つのポイント

  • コンパクトガンで狙い撃ちするため、確実にスケールを除去
  • 狙い撃ちノズルのため、消耗箇所が限定的になり、保全費を削減
  • 酸・アルカリを使用しないデスケール法であるため、スラッジ発生量を削減

関連ページ

関連資料

棒鋼材デスケール

棒鋼材デスケール

ウェットブラストに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)