MENU CLOSE
  1. HOME
  2. 簡単ウェットブラスト
  3. 処理事例
  4. 洗浄

洗浄

 
簡単ウェットブラスト

油・サビ・カーボン…汚れを選ばない、ウェットブラストによる“洗浄”

エンジンなどに付着した油やカーボン、ホコリなどの汚れは、洗剤や薬品、高圧洗浄機などを使用して取り除く方法が一般的です。
しかし、これらの頑固な汚れは、汚れが取りきれない、除去に時間がかかる、洗浄後に表面が荒れてしまうなどの問題を抱えています。
そこで、これらの頑固な汚れを短時間できれいに除去できる驚きの方法”ウェットブラスト”をご紹介いたします。

 

脱脂・洗浄のこんなことでお困りではありませんか?

● 汚れが頑固で取りきれない

● 脱脂工程、洗浄工程など工程が多く、時間と手間がかかる

● 処理後に表面が粗れてしまう

ウェットブラストが脱脂・洗浄のお悩みを解決します!!

 

ウェットブラストを使ったピストンのカーボン除去の動画

ピストンに付着したカーボンを、ウェットブラストにより一瞬で落とします。50μmという微細な球形粒子を使用し、ピストンの表面を傷つけることなくカーボンのみを除去できます。カーボンだけではなく、油やホコリなどの汚れも同時に洗浄します。

 

ウェットブラストによる洗浄

ウェットブラストとは?

ウェットブラストは物理的な洗浄技術なので、
薬品や洗剤と違い、
処理対象物の材質や汚れの種類を問いません。


ウェットブラストのノズルから噴射されるのは、空気(コンプレッサーによる圧縮エア)、水、研磨材のみです。ノズルから噴射される水にはごく細かい研磨材(粒子サイズは一般的なブラスト粒子の1/2~1/3程度)が混ざっており、この微細な研磨材が表面の汚れを均一な量ずつ削り取ります。1秒間に噴射される粒子の数は、なんと何千万個にものぼり、この大量の粒子が表面に付着した汚れを細かく削り取っていきます。取り除かれた汚れは、研磨材と同時に噴射される水により洗い流されます。

 

ウェットブラスト洗浄の特長

重度の汚れを短時間で除去

重度の汚れを短時間で除去

数千万個の大量の粒子が対象物に衝突し、水が洗い流すことで、強固な汚れも一瞬で取り除けます。

洗浄と同時に脱脂可能

洗浄と同時に脱脂可能

研磨材により汚れごと表面を削り取り、洗い流すウェットブラストは、油分を同時に除去できます。

接着に最適な表面をつくる

接着に最適な表面をつくる

細かなディンプル形状の凹凸を作って表面積を増やし、濡れ性を上げ、完全に洗浄された表面にすることで接着に最適な状態にします。

美しい半光沢仕上げになる

美しい半光沢仕上げになる

パウダー状の微細な楕円形粒子を使用することで、サビ取り後は美しい金属地肌の半光沢表面になります。

表面をほとんど削らない

数十μmの微細な粒子を使用するため、金属表面はわずか数μm(1μmは1/1000mm)しか削れません。

対象物の材質や汚れの材質を選ばない

薬品とは違い物理的に粒子が表面を削り取るため、材質や汚れの種類を問わずに洗浄がおこなえます。

複雑形状部品の洗浄に最適

水と粒子が手の届きにくい隙間や溝にも入り込み、きれいに洗浄できます。

 

洗浄で使う研磨材

グラスビーズ

グラスビーズ


ウェットブラストによる洗浄で使用される研磨材は、微細なグラスビーズ研磨材です。この研磨材は真球状で角がなく、サイズも数十μmのため、表面はほとんど削れず、汚れのみを除去できます。そのため、処理後の表面は従来のブラストのような梨地面にはならず、半光沢をもった緻密な表面になります。

  G-0250 G-0090 G-0053
形状 真球  
中心粒径 250-150μm 90-45μm 53μm以下
硬度 モース 6.5/ヌープ500
比重 2.5
 

処理事例

ウェットブラストによる洗浄サンプル

シリンダーヘッドの洗浄

油やカーボン、その他の汚れで全面どろどろだった部品の洗浄を行いました。

ウェットブラストによる洗浄サンプル

ホイールの洗浄

ホイール表面の塗装を傷つけないように、汚れ・異物のみを除去するソフトな洗浄を行いました。

ウェットブラストによる洗浄サンプル

バルブのカーボン除去

ポペットバルブ表面に焼付いたカーボンを、表面を傷つけずに除去しました。

ウェットブラストによる洗浄サンプル

キャブレターの洗浄

リビルド用にキャブレター表面に付着するホコリや油などの汚れを除去しました。

ウェットブラストによる洗浄サンプル

エンジン部品の脱脂、洗浄

油汚れを除去するためガラスビーズのG-0053を使用し、表面を傷つけない洗浄を行いました。

ウェットブラストによる洗浄サンプル

金型の焼け付き、離型剤除去

プラスチック押出金型に付着したプラスチックを焼ききった後の、金型の洗浄を行いました。

 
 
 

よくある質問

Q

洗浄により表面はどれくらい削れますか?

塗装剥離に使用している研磨材(ガラスビーズ)は、小さいもので平均50μm程度の大きさです。研磨材が表面に与える影響は研磨材直径の1/20~1/50のため、表面の削れ量はわずか数μm(1μmは1/1000mm)程度です。また、表面は従来のブラストのような鋭角な山谷ではなく、ゴルフボール表面のような微細な半光沢のディンプル面になります。

Q

処理した後に表面はサビないの?

ウェットブラスト後の表面は完全にクリーニングされ活性化しているため、鉄などを処理した後乾燥させるとすぐにサビが発生してしまいます。これを抑えるために、液の中にサビ止めの防錆剤を入れ、この液で処理を行います。処理後の活性化した表面は防錆剤の膜で包み込まれ、サビの発生はある程度抑えられます。ただし、防錆効果は長くは続かないため、塗装やコーティングなどの処理は必要になります。

Q

洗浄の前に脱脂を行う必要がありますか?

ウェットブラストには脱脂と洗浄を同時に行う効果があります。噴射された研磨材が表面に付着した油や汚れごと薄皮一枚で削り取り、水が削られた汚れを除去することで洗浄と脱脂がウェットブラストのみで行えます。

Q

どのくらいの時間で汚れが取り除けますか?

ウェットブラストは研磨材粒子が水と混ざり一緒にノズルから投射されるため、空気中に舞い散ることなくすべての粒子が対象物に届き、汚れを除去します。大量の粒子が対象物表面を叩き汚れを削り取るため、驚くほど速く汚れが取り除けます。詳しくは処理事例をご覧ください。

Q

鉄だけではなくアルミやステンレス、もしくは樹脂に付着した汚れも落とせますか?

ウェットブラストは研磨材が直接表面を削り取る物理的な加工法のため、鉄、アルミ、ステンレスや樹脂などの対象物の材質によらず、汚れを取り除くことができます。

Q

塗装を落とさずに汚れだけ取れますか?

ガラスビーズ等の球形粒子を使用し洗浄を行った場合、表面は数ミクロンしか削られません。そのため、低圧で手早く処理を行えば塗装を剥離することなく表面の汚れだけを除去できます。ただし塗装が薄い場合や長時間同じ箇所を処理し続ける場合は、塗装が削られる場合があります。

Q

油やカーボン、ホコリなど色々な汚れも同時に洗浄できますか?

ウェットブラストは研磨材が直接表面を削り取る物理的な加工法のため、油やカーボン、ホコリなどの汚れの種類によらず取り除くことができます。
 

関連ページ

 

ウェットブラストは手早くカンタンに、油やカーボンなどの汚れを取り除く画期的な洗浄法です。頑固な汚れでお困りの方は是非ご検討ください。

メンテナンス向けウェットブラスト装置 ココット

オールマイティウェットブラスト装置 オムレット

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

「簡単ウェットブラスト」の
最新技術や製品など

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・お問い合わせは
当社商品担当まで

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)