お問い合わせ

トピックス | English | 简体中文

研究開発用ウェットブラスト装置
Jr. TYPE Ⅱ


装置外観

処理室

概要

Jr. Type Ⅱは、研究開発用の小型ウェットブラスト装置です。独自技術の幅広ガンと1軸駆動により、均一な処理を実現します。研磨材の選定次第でさまざまな表面が形成でき、味見テストや条件出しに最適です。

特長

  • コンパクトかつ粉じんがきわめて少ないため、実験室にも導入しやすい
  • 1軸駆動と幅広ガンで均一な処理表面を実現
  • ブラスト投射やガンの動作を手軽に設定可能

装置仕様

寸法850(W)×920(D)×1450(H)mm
ガン処理内容に合わせてお選びいただけます。(最大搭載可能ガン:幅広ガン 1×160mm 1本)
作業テーブル420(W)×300(D)mm
ガン駆動方式1軸水平スライド
ガン駆動速度1~200mm/sec
エア圧力0.1~0.4MPa(搭載するガンによって、設定可能範囲は変動します。あらかじめご了承ください)
電源AC200V, 50/60Hz, 3相
消費電力約2.6kW(全機器,定格電力の和)
エア供給圧力0.5MPa以上、0.7MPa以下
エア消費量2.0m3/min(NTP)以下(搭載するガンと圧力の設定によって、エア消費量は変動します。あらかじめご了承ください)