1. HOME
  2. 製品情報
  3. VD-T008

冷間鍛造ライン・ビレット材用装置 VD-T008

冷間鍛造ライン・ビレット材用装置

VD-T008

冷間鍛造工程における、材料の下地処理から潤滑剤の塗布までを自動で行う装置です。その後のプレス機への直結により、下地処理・潤滑処理・プレスの、3つの工程のインライン化が可能です。

冷間鍛造ライン・ビレット材用装置

用途例

  • 冷間鍛造/潤滑工程(黒皮除去・潤滑処理)

ポイント

  • ボンデ処理を超える潤滑性能システム“WLS”専用装置
  • 圧倒的な省スペース
  • ボンデ処理設備に対して、設置面積1/10、水使用量1/30、産業廃棄物1/20 以下

装置の特長

省スペース

ウェットブラストによる下地処理と、一液潤滑剤による潤滑工程を、わずか長さ2.5mの小さな装置1台に集約しました。

丁寧な搬送

スラスト搬送方式を採用。ベルトタンブラー等の大量処理でしばしば起こる、ワーク同士の衝突によるキズ・打痕は発生しません。

スプレー塗布方式

潤滑剤の塗布には、ムラやダマが発生しにくい、スプレー塗布方式を採用しました。液の交換はボトルの入替のみで、非常に簡単です。

装置内部のプロセス

仕様

寸法 3493(W)×1685(D)×2009(H)mm(装置本体)
処理対象物 ビレット材
処理サイズ 径:φ20~40mm 長さ:20~85mm
加工時間 20~36spm
ガン 幅広ガン90×2.5mm 2本
電源 AC200V, 50/60Hz, 3相
消費電力 約38kW(全機器、定格電力の和)
エア供給圧力 0.5MPa以上、0.7MPa以下
エア消費量 5.0m3/min(NTP,ブラストエア圧0.4MPa時)
排気 約7m3/min
装置価格 お問い合わせください

資料ダウンロード

冷間鍛造工程の黒皮除去・潤滑処理ダウンロード資料

ダウンロード資料

WLS

酸洗・ボンデ処理の代替を実現し、金型寿命を5倍にする“WLS”をご紹介するカタログ3種がダウンロードいただけます。

※フォームのご入力で資料が閲覧いただけます。

個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき運用・管理します。

関連ページ

冷鍛|黒皮除去・潤滑処理

冷鍛|黒皮除去・潤滑処理

棒鋼材の酸化スケール除去

棒鋼材の酸化スケール除去

AMP600/400

AMP600/400

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)