1. HOME
  2. ウェットブラストとは?
  3. ウェットブラストとSDGs

ウェットブラストとSDGs

ウェットブラストによる、環境負荷低減、および省エネ化の実績をご紹介します。

ウェットブラストとSDGs

ウェットブラストは、環境負荷低減、省エネ化、コストダウンに貢献します

マコーは、創業より「ウェットブラスト」と呼ばれる環境負荷を抑えた工法を進化させることで、廃棄物・排水の削減や省力化、エネルギーの削減などの地球環境保護に取り組んでまいりました。これまでお客様に向けて提案した環境負荷低減、および省エネ化の実績をご紹介いたします。

装置・加工技術

ウェットブラストは、薬品や有機溶剤を使用しません。その特長を活かして廃棄物を削減し、エネルギーを有効利用します。

〇〇の様子

システム・要素技術

システムやプロセスの改善により、廃棄物・排水の削減や、作業環境改善を実現します。

  • 湿式環境による粉塵レス
  • スラリー循環使用による排水削減
  • 自動化による省人化の推進
  • 水を有効活用する分級システム
  • 高耐久性材料による交換部品の長寿命化
  • 凝集剤スラッジ回収による排水量削減
  • 独自システムによる排気のクリーン化
  • 水質改善システムによる水の使用量削減(開発中)
〇〇の様子

研磨材開発

使用する研磨材も、廃棄物や排水の削減を念頭に開発されています。

  • ブラスト使用後には有価物として再生可能な研磨材の供給
  • 水溶性材料による廃棄物削減(開発中)
  • 破砕が極めて少なく長寿命な研磨材
  • 植物由来材料の使用(開発中)
  • 微細研磨材のスラリー供給化による粉塵防止(開発中)
  • 使用後研磨材のリサイクル(開発中)
〇〇の様子

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)