1. HOME
  2. 用途例
  3. ドリルのドロップレット除去

ドリルのドロップレット除去

加工内容

  • 洗う
  • 取る

ウェットブラストによるドリルのドロップレット除去

工具表面に施されたコーティング上に発生するドロップレット(粒状の突起)を、コーティング膜を痛めることなく除去します。

処理のポイント

  • コーティング膜上のドロップレットを、コーティングに傷つけることなく除去可能。
  • 手や研磨器具の届かない複雑形状部品に有効。
  • ドロップレット除去と同時に表面の平滑化も可能。

従来工法の問題点

  • 3次元形状のワークは、ポリッシュ研削機などによるポリッシングでは研磨しづらい箇所がある。
  • ドロップレット除去と同時にコーティング膜も削れてしまう。
  • 研磨工程の自動化が難しい。

処理前後比較

処理前後比較

除去されたドロップレットは肉眼ではわかりませんが、処理後の表面は傷つかず、光沢が発生します。

表面拡大画像

表面拡大画像

黒い点がドロップレットです。 ※処理後の黒く見える点は脱粒[ドロップレットの除去された窪み]の跡

表面粗さ

表面粗さ図
表面粗さ表

関連ページ

ウェットブラストに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)