1. HOME
  2. 用途例
  3. 航空機エンジン部品のピーニング

航空機エンジン部品のピーニング

加工内容

  • 叩く

ウェットピーニング工法とは

ショットピーニング工法の中でも、ウェットブラスト技術と当社の持つ独自の投射ガン「幅広ガン」を組み合わせた、新しいピーニング工法です。

処理のポイント

  • 全面同時均一処理 - 処理面全体を均一なピーニング強度(圧縮残留応力、硬さ、表面粗さ)で処理できます。
  • 1パスで大面積処理 - 従来複数本の投射ガンを使用して処理を使用していた面積を、1本の幅広ガンで1パス処理できます。
  • 高能率・低コスト処理 - 従来の工法よりも短時間で処理が完了でき、消費エネルギーを削減できます。

ピーニングとは

ピーニング

金属表面を丸みのあるハンマーで叩き、鍛錬する表面処理です。
中でもショットピーニングとは、無数の球形粒子を金属表面に衝突させ、

    • 圧縮残留応力を材料に与える。
    • 表面層に加工硬化や塑性変形を起こす。
    • 耐摩耗性、摺動性、疲労強度、対応力腐食割れ性の向上。

などの材料表面の機械的性質を向上させる表面処理です。

ウェットピーニング工法の核となる幅広ガンとは

幅広ガンとは
  • ノズル断面がスリット状
  • 投射面全面にわたって加工力が均一

従来のガンとの違い

    • 投射パターンの違い
投射パターンの違い

処理ムラについて

処理ムラについて

処理例

処理例
処理イメージ
処理イメージ
ジェットエンジン内部のファンブレード両面を均一なピーニング強度で処理可能です。
幅広ガンを使用し大面積処理を行うことで、処理時間が大幅に短縮できます。

関連ページ

関連製品

グラスビードピーニング装置

グラスビードピーニング装置(BPM-120A)

ウェットブラストに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)