1. HOME
  2. 導入事例
  3. 棒鋼材の酸化スケール除去

棒鋼材の酸化スケール除去

加工内容

  • 取る
  • 削る

ショット、酸洗を代替。クリーンな高精度酸化スケール除去

棒鋼材の酸化スケール除去

導入実績

導入実績国

5

導入企業数

24

総納入台数

56

対象

棒鋼の酸化スケール除去(引抜前処理、表面の仕上げ)

ポイント

  • スラッジ、廃水が大量発生する「酸洗」、処理ムラの起こる「ショットブラスト」を代替
  • 自動化を可能にし、コストを削減し、高品質製品を安定生産するラインを構築

現工法の問題点を解消

ショットブラスト

処理にムラがあり、酸化スケール残りが発生するため、仕上げ工程には使えません。また、研磨材の打ち込みによる、棒鋼表面へのスケール埋めこみが起こりがちです。

ウェットブラストなら、

緻密で均一な加工を得意とするため、仕上げ工程に十分な処理品質です。また、加工時に水が表面を洗浄するため、埋め込みは大幅に軽減されます。

ピーリング

接触型加工であり、ツール自体が摩耗します。また、芯ブレの可能性もあり、同品質の生産、均一な厚さでの処理が苦手です。また比較的、取り代が大きくなりがちです。

ウェットブラストなら、

ウェットブラストは、ツールが摩耗しない非接触加工です。高いコントロール性を活かし、常に同じ加工力で、同品質の製品を安定生産できます。

酸洗(ケミカル処理)

ワーク同士の接触部に、処理ムラが発生するケースがあります。また、反応によるスラッジや排水が大量に発生します。処理に比較的時間を要するため、大量の在庫確保も必要です。

ウェットブラストなら、

ウェットブラストは、酸洗に対してはるかに速い加工や、前後工程とのインライン化を可能にします。また、スラッジ量も1/20以下に抑えます。

ウェットブラストを適用した工程例

バー材用ウェットブラスト装置

ウェットブラストのメリット

完全自動化

スケールの除去、水洗・水切りまでを、当社装置はコンパクトに一体化できます。一例となりますが、前工程の圧延から、引抜、切断までをインライン化可能です。

工場環境改善

ショットブラストのような、熱、粉塵はありません。また、酸洗のような周辺腐食、異臭も発生しません。クリーンな環境での作業が行え、かつ、廃棄物も大幅に削減可能です。

多様な材質に対応

ウェットブラストは、物理的な加工による処理です。合金鋼、炭素鋼、ステンレスなど、素材ごとの耐薬品性に影響されず、様々な対象物の酸化スケール除去が行えます。

装置例

バー材用ウェットブラスト装置

バー材用ウェットブラスト装置

BSB-012-C

棒状ワークを、連続自動処理する装置です。バー材の全周を、ムラなく高速に処理します。投入、ウェットブラスト、水洗、水切り、排出までを連続で行い、研磨材残留の少ない、クリーンなワークを排出します。

資料ダウンロード

ダウンロード資料

ダウンロード資料

棒鋼デスケール

酸洗、ショットブラストによる従来工程を代替し、クリーンで精度の高い酸化スケール除去を可能にする、ウェットブラストによる棒鋼デスケール紹介資料です。

※フォームのご入力で資料が閲覧いただけます。

個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき運用・管理します。

関連ページ

VD-T008

BSB-012-C

冷間鍛造工程の黒皮除去・潤滑処理

冷間鍛造|黒皮除去・潤滑

塑性加工ゼミ

塑性加工ゼミ

資料ダウンロード/
お問い合わせはこちらから

技術資料やカタログなど

資料ダウンロード

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

お電話でのご依頼・
お問い合わせは

受付時間 8:30-17:30
(祝日営業、土日・弊社指定日休業)